水素水風呂が楽しめる「梅の湯」

荒川区における「梅の湯」は、一瞬閉店を通じて、“デザイナーズ風呂”としてリニューアルするために改装工事を通していました。こういう梅の湯の番頭は、埼玉県内川口市で地元のゲストから愛される「喜楽湯」という風呂の持ち主だ。

梅の湯の場所は、荒川区の田端ターミナルからすぐのところにあり、「梅」主題のおしゃれな設計の囮や暖簾がターゲットだ。第一歩のお隣にはコインランドリーがあって、洗濯機会やカサカサ機会、大型の洗濯機会といった、さまざまな種々が用意されています。そうして、コインランドリーの横には、料理カウンタースペースがあるのです。ここでは店主の女が焼き鳥を焼いて提供してくれるそうです。お風呂上向きにアツアツの焼き鳥とビールを堪能できるなんて最高ですよね。

地元の人間や風呂通の間では、「梅の湯といえば限度のカルタ画」と言われますが、デザイナーズ風呂として改装されても、そのカルタ画は限度からバリア装身具に移されおしゃれに残っています。

お風呂は、今話題の「水素水風呂」を大きな浴槽で楽しめます。水素水風呂は、全身の肌から水素が会得されて、素肌の奥まで行き渡ります。また、浴室で口息づかいにより水素を盛り込むことができるので、水素による影響を十分に得ることができます。どんどん、限度から陽射しが降り注ぐ過ごせる露天風呂もあります。

梅の湯の更新所持は2016年齢9ひと月5お天道様だ。店主は、日本の風呂因習を大切にし、今日、これからの時代に当てはまる風呂にかけて、お湯を沸かし積み重ねるそうです。ディオーネ静岡のWEB予約限定でオトクに美容脱毛